ホーム>掲示板>健康ニュース>『肩が凝る』という言葉・・・
健康ニュース
  • ご挨拶・治療方針
  • スタッフ紹介
  • 院案内・アクセス
  • 院内設備
  • 提携医療機関
  • 健康だより

『肩が凝る』という言葉・・・

言語文化と「肩こり」

「肩が凝る」という言葉は、夏目漱石による造語との説があり、さらに、それ以前はいわゆる肩こりの症状を特に指す用語は日本語になく、肩こりという言葉が生まれたことで、多くの日本人が肩の筋肉が固くなる症状について自覚するようになったとの言説がある。

  • このような言語文化に特有の症状の例としてフランス以外ではまれにしか報告されない重い足(jambes lourdes)が世界的には有名である。フランスでは日本での肩こりと同じように重い足を治すための民間療法なども多く存在している。
  • しかしながら、『門』の発表とほぼ同時期には、「肩が凝る」を現代語と同じ用法で使用している例は見られるし、それ以前より、「痃癖の凝り」といった表現が見られるため、この表現の源流を漱石のみに帰するのは疑問がある。 
  • また、『さらに、それ以前はいわゆる肩こりの症状を特に指す用語は日本語になく』なる説は、『門』以前にも樋口一葉が「肩が張る」と言う表現を用いており、そもそも 1686年には、当時の医学書『病名彙解』において「痃癖」として紹介されており、その俗語が「うちかた」であるとの記述があって、妥当とはいえない。従って、「肩こり」と言う言葉が生まれたゆえ、その症状を自覚するようになったと言説は、正確性を欠く。
  • 英語では肩こりを「stiff neck」「tight shoulders」「shoulder discomfort」「shoulder stiffness」などと表現する。ただ文化的な要素が大きいため日本語の「肩こり」の語意を伝えるには多少説明が必要である。                 wikipedia より

 

 

  

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.oriental-m.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/14

55分以上のマッサージ・エステコース、こちらからご予約いただけます!
サポーター・コルセット・応急処置用品のご購入はウェブストアから!
ページ上部へ